20年支持される理由

「だから私はNAI」

お客様から選ばれ、ご支持をいただいている理由として以下の5つの実績と強みが挙げられます。

リバイス(再投稿論文)に強い

リバイス(再投稿論文)に強い

「NAIはリバイスに強い」そういったお言葉を多くいただいております。
その理由として、第一に校閲者にジャーナルの査読経験者が多く、リバイス(再投稿論文)原稿に対して的確な判断と指示が出来る点があげられます。
第二にリバイス(再投稿論文)原稿を扱う際、元原稿を基準にしているので投稿先の変更があっても新規として扱わない対応をしています。そして特別な事情がない限り、最初に論文校閲・校正を行った校閲者がリバイス(再投稿論文)原稿を引き続き担当するので、一貫したサポート体制が確立しています。
第三に査読経験豊富な校閲者と、お客様データの蓄積と徹底管理を行っているため、一人一人のお客様のご要望に添ったきめの細かい対応を可能にしています。

リバイス(再投稿論文)原稿は様々な課題が突き付けられます。与えられた条件の中で最終的にお客様のご納得いただける結果に導けるかが、校閲会社の真価が問われるものだと考えております。「とことんきっちり」お客様の立場にたって対応する会社、それNAIなのです。

厳しい校閲者や翻訳者の選定。その後も妥協を許さない

校閲者
校閲者

校閲の応募者の中から分野別、経歴の精査をして独自の試験を実施します。まず、分野ごとのチーフエディターが校閲者としての素質、分野としての専門知識をもとに的確な校閲・校正を行っているか等のチェックを行います。次に全統括エディター2人により全体を通しての厳しいチェックを行います。それらの過程を経てNAIと秘密保持契約等を含んだ契約を交わします。しかしながら、その後すぐに担当するのではなく、実際の依頼論文を担当校閲者と並行して校閲・校正(この段階では担当校閲者と社内での精査をするだけで、社外に出ることはありません)を数本行います。これら過程を経て、担当を任せても大丈夫という段階になって初めてお客様担当の校閲者としてデビューし登録されます。
最初の校閲応募者数から考えると、合格して実際に校閲・校正を任せることが出来る校閲者は、全体の1割にも満たないのが現実です。
また、合格後も全ての校閲者の抜き打ちチェックやお客様の評価を本人に通達し、常に品質維持管理をしています。

翻訳者
翻訳者

設立後数年して、校閲・校正をご依頼していただいているお客様から、是非翻訳もお願いしたいという声が多く寄せられました。 当時は、専門性の高い論文翻訳が出来る人はかなり限られており、お客様が納得できる翻訳者を探すことは至難の技でした。そんな中、出来るならご要望にお応えしたいという思いが募りました。 全ての大学・研究者機関リストから分野ごとに一人一人に、専門性の高い論文執筆経験のある優秀な翻訳者が少ない現状を訴え、ご協力をお願いいたしました。ご賛同してくださった方々にお許しをいただき、翻訳の試験を行い適任者を厳選し翻訳者としての登録をお願いしました。校閲者の選定以上に厳しい中で、翻訳者を絞り論文翻訳をスタートさせました。現在は、専門性の高い翻訳者の応募も多く、選定もほぼ校閲者と同じ方法で行っております。わたしたちNAIは、現状に甘んじることなく厳しい審査基準を設け、常に質の向上と多様化する分野に対応すべく努めております。

全てのサービスに求められる以上の品質のきめ細やかな対応

全てのサービスに求められる以上の品質のきめ細やかな対応

どんなに高品質であり丁寧な対応であっても、論文が受理されなければ全く意味をなさないものだと思っております。しかし、求める結果は一つであっても、その過程や付随するサービスに求めるものは論文によって様々であり、それに対応出来るか否かは重要な要素であるはずです。NAIはその重要性を理解しお客様にご納得いただけるサービスをご提供していると自負しております。ただ、残念ながらご利用いただくしか説明することが出来ません。文字にして表現すると白々しい言葉の羅列になってしまうからです。数字や言葉だけでは表現できない安心と信頼感。
それが20年の実績の「あかし」だと思っております。何よりもわたしたちはご要望に寄り添い、結果を残すために「求められる以上のきめ細やかな対応」で最大限のサポートをさせていただいております。

営業ではなく「真摯に耳を傾ける姿勢」で足を運びご要望に添い続ける

営業ではなく「真摯に耳を傾ける姿勢」で足を運びご要望に添い続ける

わたしたちエヌ・エイ・アイの営業は「商品」を売りにいくのではなく、ご意見やご要望を伺いに行く「御用聞き」と言うべきかもしれません。
直接足を運ぶことによって聞くことができる本音やご要望、あるいは声なき声を聞くことが出来ます。また、時には叱責を受けることもあります。「真摯に耳を傾ける」その姿勢を忘れずに、今後も真に求めるものをご提供し続けるために「御用聞き」は続けてまいります。その際、サービス内容に記載されていない様々なご要望に添った特別プランやサービスのご用意・ご案内のご提供もさせていただいております。

コーディネーター(社内スタッフ)も自然科学論文執筆経験者

コーディネーター(社内スタッフ)も自然科学論文執筆経験者

学術論文に携わる上で、論文に対する知識や専門性をある程度備えていることは必要不可欠だと思っております。また、大切な論文を扱う以上、ご依頼者のご意向やご要望を校閲者に伝えるためにも、とても重要なことだと考えています。だからこそエヌ・エイ・アイのコーディネーターはまず英語に堪能であり、自身も英語科学論文の執筆経験のある者を厳選し採用しているのです。そして、このスタッフが中心となり仕事をしています。「この仕事が好き」「ご依頼者のため」「科学の発展のため」という純粋な気持ちのスタッフが支えている。それがNAIです。

20年支持される理由 「だから私はNAI」 トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

初回割引または無料トライアルから!

はじめてのお客様は初回割引または無料トライアルのサービス

お電話でのお問い合わせはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200