校閲・校正オプションサービス

投稿規程オプションサービス

投稿規程チェック

投稿予定先ジャーナルの投稿規程に、お客様の論文が準拠しているかをチェックするオプションサービスです。
以下の項目について、ジャーナルのHP等に記載された投稿規程(Instruction for Authors)に沿った論文になっているかを校閲者がチェックし、不足部分等があった場合はコメントいたします。

  • ジャーナルが要求しているセクションを満たしているか。
  • フォントやフォントサイズ等が要求を満たしているか。
  • ワード数制限の有無の確認と制限がある場合はそれを満たしているか。
  • Referencesの記載順、記載形式、記載数制限等が要求を満たしているか。
  • その他の規程を満たしているか。

「校閲依頼フォーム」(ダウンロードはこちら) の「投稿規程チェック」にチェックを入れ、添付ファイルにて投稿規程をお送りください。メールでのご依頼の場合は、投稿予定先および投稿規程チェック希望の旨を記載し、ご依頼原稿と同様に添付ファイルにて投稿規程を送付してください。尚、PDF等による送付が難しい場合は、投稿規程が記載されているwebサイトのURLをご連絡ください。

※校閲料金の20%の追加料金が発生いたします。納期は通常校閲+約1日の日数を頂戴しております。
※本サービスは、プレミアム校閲、プレミアムEX校閲、フルチェンジリライトのオプションサービスとなります。
※投稿規程に合わせて原稿のフォーマットを修正することも可能です。料金や納期はご依頼内容によって異なりますので、詳しくは下記の『フォーマット調整』をご確認ください。

フォーマット調整 改訂

投稿規程に合わせてフォーマットを調整するオプションサービスです。
フォーマット調整では、投稿規程チェックに加えて以下の修正・確認を行います。

  • タイトルページのフォーマット修正
  • フォントやフォントサイズ、行間、余白幅等の修正
  • ページや行番号の修正

上記以外でも、Subtitleの書き方、項目の構成、Tableのフォーマット調整等、ジャーナルに要求されているフォーマットに関する細かなルールに、原稿が準拠する様、修正させていただきます。
料金等につきましては、担当コーディネーターにお問合せください。

※Referenceの修正につきまして:
通常、EndNoteなどの専用ソフトを使用している原稿が多い事から、フォーマット調整の場合であっても、投稿規程チェックの際と同様、Referenceの記載順、記載形式、記載数制限等が要求を満たしているかのチェックのみとさせていただき、修正が必要な場合は、サンプルを含めたコメントにてお知らせいたします。
専用ソフトをご使用でない場合は、Reference部分の修正もご対応可能でございますので、ご希望の際にはお気兼ねなくご相談ください。

※不足項目の新規作成は出来かねます。予めご了承ください。

※投稿前には、今一度お客様の責任で確認していただきますようお願いいたします。

ご依頼の際は、「校閲依頼フォーム」(ダウンロードはこちら) の「フォーマット調整」にチェックを入れ、添付ファイルにて投稿規程をお送りください。メールでのご依頼の場合は、投稿予定先およびフォーマット調整の旨を記載し、ご依頼原稿と同様に添付ファイルにて投稿規程を送付してください。尚、PDF等による送付が難しい場合は、投稿規程が記載されているwebサイトのURLをご連絡ください。

※「フォーマット調整」サービスの料金は、対象箇所の単語数をベースに計算いたします。詳しくは、コーディネーターにお問合せください。納期は校閲の納期に加え2-4日の日数を頂戴しております。
※プレミアム校閲、プレミアムEX校閲、フルチェンジリライトのオプションサービスとなりますので、英文校閲のご依頼なしで、フォーマット調整のみのご依頼はお受けいたしかねます。(※ただし、投稿先変更フォーマット調整プラン(校閲なし)を除く。)

校閲証明書

PDFは無料/書面は500円(税抜)

NAIでは弊社で校閲した原稿に対して、無料でPDFによる校閲証明書を発行いたします。また、書面での校閲証明書の発行をご希望される方には別途料金500円(税抜)にて発行しております。
多くの学術系雑誌は論文投稿時に英語のネイティブによる校閲証明書を求められます。また、学術系雑誌のリクエストにより校閲証明書発行の必要性がない場合であっても、時として大変残念なことではありますが「非英語圏からの投稿」というだけで、一方的に「英語の添削が必要」と書かれてしまいリジェクトされてしまうことがあります。証明書の提出がその可能性をゼロにするわけではありませんが、大幅に軽減できる可能性があります。
ご希望の際は、論文校閲フォーム(ダウンロードはこちら) の「校閲証明書の発行(※PDF無料)」または「校閲証明書の発行(※書面有料)」欄にチェックの記入をお願いいたします。
また、メールでのご依頼の場合は、その旨の記載をお願いいたします。
※校閲証明書には原稿のタイトルを記載します。その為、タイトルも弊社にて校閲が必要となります。校閲証明書発行をご希望される原稿はタイトルの含まれたものをお送りください。英文タイトルがない原稿に関しましては弊社までご相談ください。

カバーレター作成

NAIでは校閲者がゼロから「カバーレター作成」をお手伝いするサービスもご提供しております。

論文を投稿する際、一番最初にジャーナルのエディターが目を通すもの、またお客様の論文を最初にアピールする機会、それがカバーレターです。
カバーレターが興味を引く内容でなかったため、投稿した論文が何ヶ月も放置されたという話を耳にすることがあります。つまり、説得力のないカバーレターを提出する場合と説得力のあるカバーレターを提出する場合の違いが、その後の審査にどれ程の影響を与えるかを考えると、見過ごすことができません。
NAIでは、研究の焦点やその重要性を訴える魅力的なカバーレターを、論文を校閲し内容を熟知した校閲者が作成させていただきます。カバーレターひとつでも懇切丁寧「とことんきっちり」の姿勢を崩さない、これがNAIのスタンスです。

LaTex校閲

LaTex/Texで作成された原稿の校閲も対応しております。
ご希望の際は、以下の3点の原稿をお送りください。

  • LaTex/Tex原稿
  • 原稿をPDFに変換したファイル
  • LaTex/Tex原稿をWordフォーマットで保存したファイル(コマンドは残したままの状態で問題ありません)

通常の校閲より作業が複雑になるため、校閲料金の20%の追加料金が発生いたします。納期につきましても通常校閲+約1日程かかります。
Word内のコマンドをお客様ご自身で削除していただきましたら、通常の校閲としての扱いとなります。
※分野と校閲者の状況により対応出来かねる場合があります。ご了承ください。

校閲・校正オプションサービス トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

初回割引または無料トライアルから!

はじめてのお客様は初回割引または無料トライアルサービス

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200