校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム

2021.06.02 Editor: G. M.

Choosing a Journal

Considering the large number of journals on offer in a given subject area, the selection of a target journal for an author is a daunting task. Several things need to be considered:

  1. Impact factor: Choose a journal with an impact factor (IF) a bit higher than what an author thinks will accept their manuscript. If unsuccessful, an author can always submit to a journal with a lower IF. This allows the author to publish at the highest IF possible.
  2. Existing relationship: If an author has had success in the past with publishing in a particular journal, they might consider continuing to send their articles to that journal (and ideally to the same handling editor).
  3. Common journals: Authors should be aware of the journals colleagues publish in. They should take note of the names of journals that regularly come up in their reading of their subject area. These are the journals they should aim to submit to.
  4. Journal lists: Several lists of journal names can be found online ranked by categories such as subject area, IF, and open access status, and are handy for choosing a journal. Scimago Journal & Country Rank is an example.
  5. Ethics: Once chosen, each journal should be vetted for ethical standards. Check that a publisher belongs to the Committee on Publication Ethics (COPE), which defines best practice in the ethics of scholarly publishing. Some open-access scholarly publishers are predatory in that they behave unethically by not using impartial reviewers. Beall’s List should be consulted online to ensure a chosen publisher and journal are ethical.

投稿先のジャーナルの選び方

ジャーナル(学術誌)は各分野に数多く存在することから、投稿先のジャーナルを選ぶことは、論文の著者にとって非常に大変な作業です。考慮すべき点を以下に挙げます。

  1. インパクトファクター:著者として、自分の論文が採択されそうだと感じるレベルより少し高いインパクトファクター(IF)のジャーナルを選びましょう。採択に至らなかった場合、最初の投稿先より低いIFのジャーナルにいつでも投稿できます。こうすることで、採択される可能性のあるジャーナルの内、IFが最も高いジャーナルから論文を出版できるようになります。
  2. 既に関係を築いているジャーナル: 特定のジャーナルで既に出版に成功している場合は、そのジャーナルに引き続き記事を投稿するのも一案です(同じ編集委員に提出できることが理想です)。
  3. 共通のジャーナル:自分と同じ分野の研究者が論文を出版しているジャーナルは、調べておきましょう。対象分野の文献を読む中で、よく目にするジャーナルの名前を覚えておきましょう。このようなジャーナルへの投稿を目指すとよいでしょう。
  4. ジャーナル一覧: 専門分野、IF、オープンアクセスの状況といった分類でジャーナルをランク付けした一覧が、インターネットでいくつか見つかります。ジャーナルを選ぶ際には、このような一覧が役立ちます。例としては、SJR(Scimago Journal & Country Rank)が挙げられます。
  5. 倫理: どのジャーナルを選ぶ場合であっても、対象のジャーナルが掲げる倫理基準を投稿前に念入りに調べましょう。ジャーナルの出版元が、出版規範委員会(COPE)の会員であるかどうかを調べましょう。COPEは、学術出版における倫理のベストプラクティスを定義しています。オープンアクセス・ジャーナルの出版元には、中立的な査読者を選ばず、非倫理的に振る舞っているハゲタカ(predatory)ジャーナルと呼ばれるものが一部あります。インターネットでビールのリスト(Beall’s List)を参照し、選んだ投稿先が倫理的な出版元・ジャーナルであることを確認しましょう。
バックナンバー 2021
バックナンバー 2020
バックナンバー 2019
バックナンバー 2018
バックナンバー 2017
バックナンバー 2016
校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200