校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム

2018.07.02 Editor: K.B.

Rejection of a paper

After submission, manuscripts undergo a preliminary review by an editor for the journal. They will test for plagiarism; determine whether the paper fits the scope of the journal, its’ originality, quality and whether author instructions were followed. Depending on the comments, rejection at this stage may require the paper to be reformatted, data improved, the manuscript rewritten or edited, and resubmitted, or sent to another journal. If the document passes this first evaluation, the handling editor will send it out for peer review by at least two specialists in the field of research.
Rejection after peer review usually depends on a variety of factors, including inadequate data quality, analysis, and interpretation, or the title of the paper is not supported by the presented data. Editors often reject papers when too many additional experiments are required to improve the manuscript.

How to deal with rejection? Firstly, remember that rejection is not personal. Secondly, if you are upset, go away and vent by doing something you like. Thirdly, reread the letter with a clear mind and discuss the decision and comments with your co-authors. Be positive. If you firmly believe the decision is wrong or unfair, you could write to the editor and explain why your paper should be sent out again for peer review. However, think it through carefully because only one chance to appeal will be given. Also, journals rarely reconsider the decision of rejection. Reformatting the manuscript and sending it to another journal is usually a better alternative.
After assessing reviewer comments, you may decide that the paper indeed requires a major revamp. Carefully address all the comments point by point however irrelevant some of them may seem because one of the reviewers may receive it again. The manuscript can, depending on the type of rejection (e.g., ‘may be suitable for publication after major revision’), be resubmitted to the same journal. Otherwise, it must be sent to a different journal. Papers are frequently rejected several times. Do not give up if you believe your work will contribute significantly to your field of research.

論文がリジェクトされたら

論文を提出すると、まず提出先ジャーナルのエディターが一次審査を行います。この段階では、論文にプレジャリズム(盗用)はないか、論文がジャーナルのスコープ(領域)から外れていないか、投稿規定は守られているかのほか、論文のオリジナリティーおよびクオリティが審査されます。エディターのコメントによって対応は異なりますが、この段階でリジェクトされた場合、書式変更、データ改善、論文の書き直しまたは編集を経て再提出するか、別のジャーナルに提出することになります。この審査にパスすると、担当エディターは論文をピアレビュー(査読)のために当該研究分野の専門家2人以上に送付します。
ピアレビュー後のリジェクトには、データの質・分析・解釈が不適当である、論文の表題が提示データによって裏付けられていないなど様々な要因が考えられます。エディターはしばしば、論文を改善するには多くの追加実験が必要と判断した場合に論文をリジェクトします。

論文がリジェクトされたらどうするか。第一に、リジェクトされたのは論文であってあなたではないということを理解してください。第二に、自分が動揺していると感じたら、好きなことでもやってまずは頭を冷やしましょう。第三に、すっきりした気持ちでレターを読み直して、リジェクトとコメントについて共著者と議論します。前向さを忘れないでください。ジャーナルの決定が間違っているまたは不公正だと固く信じるなら、論文を再ピアレビューにかけるべき理由をエディターに説明してもいいでしょう。とはいえ、抗議は一度しかできないので、慎重に検討しましょう。一度下したリジェクト決定をジャーナルが再考するのは稀です。多くの場合、論文の書式変更を行って別のジャーナルに送るほうが賢明です。
査読者のコメントを検討した結果、確かに論文の大幅な見直しが必要との判断にあなたが至ったとします。中には検討違いのコメントもあるかもしれませんが、コメント一つ一つに慎重に対応します。同じ査読者が再査読を行う可能性があるからです。リジェクトの内容によっては(例えば、「大幅な修正後に出版の可能性もある」)、論文を同じジャーナルに再提出することもできます。そうでなければ、別のジャーナルに提出することになります。論文が何度もリジェクトされるのは珍しいことではありません。自分の研究成果が当該研究分野に大きく貢献すると考えるなら、あきらめないでください。

校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200