校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム

2021.02.03 Editor: F.J.

Verb Tense in English Scientific Writing

As an NAI Editor for the past 20 years, I have encountered many instances of verb tense errors in manuscripts written by scientists whose native language is not English. While these errors may not seem critical, they can introduce imprecise interpretations of the author's intent by the readers.

The proper use of verb tense in English scientific writing is critical to convey detailed information in a clear and organized fashion. Verb tense varies between standard scientific manuscript sections as the methods were used and the results were obtained, but the results are interpreted.

In the methods section, the author describes procedures and reagents that were used to obtain the results (e.g., "We used the following primers...").

Similarly, in the Results section, the author describes the outcomes of those experiments that were performed (e.g., "PCR analysis showed that...").

In both of these sections, the author is dealing with events that were performed in the past and that have been completed.

In contrast, the Discussion section outlines interpretations and conclusions that result from the experiments.

The interpretation and conclusions are written in the present tense because they continue to be valid regardless of time (e.g., "Our results suggest...." rather than "Our results suggested...").

While verb tense in the English language can become complex with its different forms (i.e., Future Perfect, etc.), the basic pattern observed in the scientific literature, as described, above can help organize all types of scientific manuscripts from reviews to original reports.

The American Medical Association Manual of Style (11th Edition) provides a concise explanation of verb tense and its usage.

英語の学術論文で使用する動詞の時制

NAI校正者としての過去20年間、英語を母国語としない研究者が執筆した論文の原稿に、動詞の時制が正しく使用されていないケースを多数目にしました。動詞の時制に誤りがあっても重大な問題とはならない、と考えられるかもしれませんが、時制が正しく用いられていないと、論文の読者は筆者が意図した内容と異なる解釈をしてしまう恐れがあります。

英語の学術論文では、詳細な情報を明確に分かりやすく伝える上で、動詞の時制を適切に用いることが非常に重要です。一般的な構成の学術論文では、各章で異なる動詞の時制を用います。

つまり、「使用した」研究方法と「得られた」結果を述べる一方で、結果を「解釈する」という流れになります。

Methodsでは、筆者が結果を得るために使用した手順と試薬について説明します(例:"We used the following primers..."「...では、以下に挙げるプライマーを使用した」)。

同様に、Resultsでは、筆者が実施した実験の結果を説明します(例:"PCR analysis showed that..."「PCR分析では...ということが明らかになった」)。

MethodsとResultsでは、筆者が過去に実施し、完了した内容について触れます。

一方、Discussionでは、実験から導かれる解釈と結論をまとめます。解釈と結論は、時間が経過しても内容の妥当性は変わらないため、現在形で記述します(例:"Our results suggest...."「本研究の結果からは...ということが示唆された」ではなく、"Our results suggested..."「本研究の結果からは...ということが示唆される」と記述する)。

英語の動詞の時制は表現次第で複雑になりますが(未来完了形など)、上述したように、学術文献で用いる基本的なパターンを身に着けると、レビュー論文から原著論文まであらゆる種類の原稿をまとめる際に役に立つかもしれません。

『American Medical Association Manual of Style(第11版)』に、動詞の時制と用法が簡潔に説明されています。

校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200