校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム

2019.11.07 コーディネーターA.N

コーディネーター目線からのISO17100取得:社内での変わったこと、変わらなかったこと

先日配信いたしましたメールマガジン(ニュースレター)にてご案内させていただいた通り、2019年10月1日より当論文サポート事業部では日英、英日翻訳および翻訳+校閲セットの全てのご依頼をISO17100のプロセスでご対応させていただくこととなりました。
ISO17100は、スイスのジュネーブに本部がある国際標準化機構(International Organization for Standardization:ISO)が規定した翻訳サービスに関する国際基準です。翻訳の品質確保のため、ISO17100は翻訳者や社内での原稿の取り扱い方法について規定しています。
つまり、弊社での日英、英日翻訳および翻訳+校閲セットのご依頼はすべて規定された過程を経てご納品をさせていただいていることを保証しているのです。

ISO対応のご依頼の流れ(日本規格協会ソリューションズ審査登録事業部ホームページより:https://shinsaweb.jsa.or.jp/MS/Service/ISO17100)

では、我々コーディネーターの仕事は、実際のご依頼の際、何が変わったのでしょうか?
結論から申し上げますと、これまでのご依頼の際の工程と、実際は何も変わっておりません。
ただし、ISO対応により、各翻訳者(とチェック担当者)は、しっかり作業を行ったという確認の署名をしております。つまり、これまで行っていた作業をより明確にし、翻訳者が署名によって「原稿に責任を持っている」を表明することにより、我々コーディネーターだけでなく、翻訳者・チェック担当者自身も再認識する点が、ISO対応以前との違いなのです。
ISO17100認証の継続のために、1年に1度の厳しい審査があります。その時は、2~3日、コーディネーターが審査員と一緒に缶詰め状態となって審査を受けております。ご依頼の工程についてのみならず、翻訳者が一年を通しての(自身の)スキル向上の活動報告等も行い、翻訳者自身および、会社としても常に品質向上の為に努力を続けていることについても審査されます。
各翻訳者の署名やチェックの記録を見ると、改めて1つのご依頼に対して翻訳者・翻訳チェック担当者が真剣に原稿と向き合っていることが感じられます。私も、コーディネーターとして、その過程に少しでも役立てるよう、精一杯邁進してまいります。

校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200