校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム

2019.9.2 Editor: M.R.

Correct usage of punctuation: Conventions and guidelines-Part 2.

2) Introductory comma: A comma should preferably be inserted after introductory words and phrases.
Explanation: Introductory words or phrases introduce or set context for the sentence that it precedes. For example, in the sentence “However, the boy did not cry,” “however” is an introductory word. In academic writing, it is preferable to use a comma after such words and phrases to separate them from the rest of the sentence.

3) Series comma: Insert a comma before the conjunction that precedes the last element of a series (e.g., bread, eggs, and milk).
Explanation: In American English, a comma is inserted before the conjunction that precedes the last element of a series (e.g., bread, eggs, and milk). This comma is called the series comma and is inserted for clarity.
Although this comma is not commonly used in British English, its usage is gaining acceptance. In British English, it is called the Oxford comma. As this comma aids clarity, its use is encouraged in academic writing in both American and British English.

4) Colon and semi-colon: A colon and semicolon serve different purposes and cannot be used interchangeably.
Explanation: One of the purposes of a semicolon (;) is to indicate that two independent clauses (clauses that can function as complete sentences) are related (e.g., The children played in the rain; hence, they caught a cold). A colon, on the other hand, is used to draw attention to the text that follows (e.g., The course includes the following subjects: Art, History, and Music). Since they serve different purposes, one cannot be used in place of the other.

句読点の正しい用法:規則とガイドライン-パート2

2) 導入コンマ:導入的な語句の後には、コンマを挿入することが望ましいです。
例:前置きとなる導入的な単語またはフレーズは、先行する文の背景を紹介または設定します。たとえば、"However, the boy did not cry."という文章では、"however"は導入的な単語です。アカデミックライティングでは、このような単語やフレーズの後にコンマを使用して、文のほかの部分と分離することをお勧めします。

3) 連続コンマ:連続の最後の要素(例:bread, eggs, and milk)に先立つ接続詞の前にコンマを挿入します。
例:アメリカ英語では、コンマは連続の最後の要素(例:bread, eggs, and milk)に先立つ接続詞の前に挿入されます。このコンマは連続コンマと呼ばれ、明確にするために挿入されます。
イギリス英語では、このコンマは一般的に使用されませんが、その用法は受け入れられています。イギリス英語では、これは「オックスフォード・コンマ」と呼ばれています。このコンマを使うと分かりやすくなるため、アカデミックライティングではアメリカ英語とイギリス英語の両方で使用することをお勧めします。

4) コロンとセミコロン:コロンとセミコロンは役割が異なるため、互いに置き換えて使用することはできません。
例:セミコロン(;)の役割の1つは、2つの独立した節(完全な文として機能できる節)が関連していることを示すことです(例:The children played in the rain; hence, they caught a cold.(子供たちは雨の中で遊んだ。そのため、彼らは風邪をひいた。))。一方、コロン(:)は、その後に続く文章に注意を引くために使用します(例:The course includes the following subjects: Art, History, and Music.(コースには以下の科目、すなわち美術、歴史、音楽が含まれます。))。役割が異なるため、一方を他方の代わりに使用することはできません。

校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200