校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム

2021.05.06 Editor: R. G.

The use of conjunctions in academic writing

Greetings. The subject of this column is the use of conjunctions in academic writing. So, what are conjunctions?

Coordinating conjunctions enable the writer to join words, phrases, and clauses of equal grammatical rank in a sentence. The most common coordinating conjunctions include for, and, nor, but, or, yet, so. These coordinative conjunctions can easily be remembered using the well-known mnemonic FANBOYS. An example of their use:

The oxidized compound was green. The reduced compound was red.

The oxidized compound was green, but the reduced compound was red.

The oxidized compound was green, and the reduced compound was red.

Note that the coordinating conjunction is often accompanied by a comma.

As an Editor for NAI, I am sometimes asked by authors whether it is acceptable to start a sentence with a coordinating conjunction. And, but and or are three of the most common such conjunctions used to start a sentence in informal writing (e.g. novels, newspaper articles etc.). However, informal writing is not always understood in the same way by every reader. Scientific papers are written in a formal style to avoid ambiguity. As such, I would not recommend using coordinating conjunctions at the start of a sentence when writing a scientific publication.

Correlative conjunctions are pairs of conjunctions that work together such as either/or, not only/but, neither/nor, both/and.

The enzyme was neither stable nor highly active.

The enzyme was both stable and highly active.

The enzyme was not only stable but highly active.

The choice of correlative conjunctions is often shaped by the precise point that the author wishes to emphasize together with writing style.

Subordinating conjunctions join a main clause and a subordinate clause. There are many subordinating conjunctions. Examples of subordinating conjunctions include as, that, whether, although, because, though, whenever and whereas.

The cells failed to divide because the drug was activated.

The cells failed to divide although the drug was activated.

The cells failed to divide whenever the drug was activated.

Compound conjunctions are conjunctions made up of several words, often ending with as, or that. A few examples are given here.

The reaction was quenched as soon as the solvent was added.

The pH must be maintained within a narrow range so that the cells survive.

Transesterification proceeded as long as the water activity remained low.

Although acceptable in English, for formal writing I would recommend avoiding compound conjunctions where a more concise phrasing can be used.

アカデミックライティングにおける接続詞の使用法

こんにちは。今回のコラムの話題は、アカデミックライティングにおける接続詞の使用法についてです。さて、接続詞とは何でしょうか?

簡単に説明すると、接続詞とは「繋ぐ」ための言葉です。具体的には、接続詞は、語や句、節を繋げます。接続詞を用いることで、短い文を複数繋げて読む側が面倒と感じかねない文章とすることなく、複雑な考えを表現できます。このような理由から、接続詞はアカデミックライティングに非常に深く関わっています。アカデミックライティングでは、複雑な概念を正確に、そして読者に伝わるように書かなくてはなりません。(とはいえ、論文の文章内に短い文を適宜入れることによって、読者の関心を惹きつけたり、重要なポイントを強調したりする効果が得られる場合があります。しかし、章全体を短い文だけで構成することは、避けるのが賢明でしょう。)

接続詞には4種類あります。その4種類とは、等位接続詞、相関接続詞、従属接続詞、複合接続詞を指します。各接続詞について、以下で説明します。

等位接続詞を用いると、文の中で文法的に等位な語や句、節を繋げることができます。最も一般的な等位接続詞には、「for」、「and」、「nor」、「but」、「or」、「yet」、「so」などがあります。これらの等位接続詞は、「FANBOYS」という語呂合わせで覚えている人が多く、この方法で簡単に思い出せます。等位接続詞の使い方の例を挙げます。

The oxidized compound was green.(酸化化合物は緑色だった。)The reduced compound was red.(還元化合物は赤色だった。)

The oxidized compound was green, but the reduced compound was red.
(酸化化合物は緑色だった、還元化合物は赤色だった。)

The oxidized compound was green, and the reduced compound was red.
(酸化化合物は緑色、還元化合物は赤色だった。)

等位接続詞はコンマとともに使用する場合が多いことに、注意してください。

私はNAIで校閲を担当しており、文章を等位接続詞で始めることは可能か、という質問を著者の方々から時々受けます。フォーマルな文書ではない場合(小説や新聞記事など)は、文を等位接続詞で始めることがあり、最も一般的に用いられる3つが「and」「but」、「or」です。しかし、フォーマルでない文書は、読者によって解釈が異なる可能性があります。学術論文では、フォーマルな文体を用いることで曖昧さを回避します。そのため私は、学術的な出版物を執筆する際に、等位接続詞で文を始めることはお勧めしません。

相関接続詞とは、「either/or」、「not only/but」、「neither/nor」、「both/and」のように、対で機能する接続詞のことです。

The enzyme was neither stable nor highly active.
(酵素は安定しておらず、活性も高くなかった。)

The enzyme was both stable and highly active.
(酵素は安定しており、活性も高かった。)

The enzyme was not only stable but highly active.
(酵素は安定しているだけでなく、活性も高かった。)

どの相関接続詞を用いるかは通常、筆者が自分の文体を活かしつつ強調したいと考える、正確な表現が必要なポイントによって決まります。

従属接続詞は、主節と従属節を繋げます。従属接続詞には多数あります。例としては、「as」、「that」、「whether」、「although」、「because」、「though」、「whenever」、「whereas」などが挙げられます。

The cells failed to divide because the drug was activated.
(薬品が活性化されていたので、細胞は分裂しなかった。)

The cells failed to divide although the drug was activated.
(薬品は活性化されていたが、細胞は分裂しななかった。)

The cells failed to divide whenever the drug was activated.
(薬品が活性化されている場合は常に、細胞は分裂しなかった。)

複合接続詞とは、複数の語を組み合わせた接続詞で、「as」や「that」で終わるものが多数あります。例をいくつか挙げます。

The reaction was quenched as soon as the solvent was added.
(溶媒の添加後すぐに、反応は停止した。)

The pH must be maintained within a narrow range so that the cells survive.
(細胞が生存できるよう、pHは狭い範囲に維持する必要がある。)

Transesterification proceeded as long as the water activity remained low.
(水分活性が低い状態に保たれている限り、エステル交換は進行した。)

複合接続詞を英語で使用すること自体に問題はないのですが、より簡潔な表現ができる場合には、フォーマルな文章における複合接続詞の使用は控えることをお勧めします。

バックナンバー 2021
バックナンバー 2020
バックナンバー 2019
バックナンバー 2018
バックナンバー 2017
バックナンバー 2016
校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200