55!! 校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム|英文校正・校閲・添削、論文翻訳のNAI

校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム

2022.06.01 Editor: J. W.

Tips for using articles.

Articles can be difficult for authors who are not native English speakers. A term that modifies a noun is called an article. There are two types of article:

the = definite article

a/an = indefinite article

There are two basic guidelines for using the indefinite article (“a” or “an”):

  • ・"A" or "an" should be used when speaking about something for the first time, or when speaking about something general, such as “Researchers conducted a survey of heart disease patients last year”.
  • ・Use “a” or “an” to show that something belongs to a group such as “Lupus is a disease that affects the immune system”. It is clear that lupus is one of many diseases that could affect the immune system.

The definite article ("the") is also subject to two essential rules:

  • ・“The” is used when something has already been mentioned or when something specific is spoken about. For example, “Let’s read the book” refers to a specific book, whereas “Let’s read a book” can refer to any book.
  • ・Use “the” when there is only one of something or someone, for example, “The President of the United States arrived at the conference”.

When authors fail to distinguish between countable and uncountable nouns, articles are frequently misunderstood. Patients, individuals, years, and other nouns are countable as they can be counted. Abstract thoughts (e.g., love, health), liquids (e.g., water, oil), and qualities (e.g., resistance, tension) are examples of uncountable nouns. In addition to the guidelines discussed above authors should also consider if nouns are countable or uncountable.

  • ・For uncountable nouns “a” or “an” cannot be used, therefore “the” or no article must be used. “The" is used when an author is referring to a specific example of an uncountable noun. If an author is referring to any example of an uncountable noun, no article is used.
  • ・For countable nouns it is a little more complex. When an author wants to refer to one member of the countable noun, "a" or "an" is used, e.g., "A virus could have adversely affected this experiment." Whenever an author intends to refer to all members of the noun collectively, the noun is used without an article and the plural form is used instead, as in "Scientists have been researching this issue for decades without success”. Finally, "the" can be used to refer to a countable noun as a full group, as in "The elephant is a large mammal."

冠詞を使いこなすためのヒント

英語を母語としない著者にとって、冠詞は手ごわい存在かもしれません。冠詞とは、名詞の意味を限定する語を指します。冠詞には二種類あります。

「the」 = 定冠詞

「a/an」 = 不定冠詞

不定冠詞(「a」や「an」)の使用については、基本となるルールが二つあります。

  • ・話題の対象が初出の場合や、一般的な何かである場合には、「a」や「an」を使用します。例を挙げると、「Researchers conducted a survey of heart disease patients last year.」といった文で不定冠詞が使用されます。
  • ・話題の対象が何らかのグループに属する場合にも、「a」や「an」を使用します。例を挙げると、「Lupus is a disease that affects the immune system.」といった文で不定冠詞が使用されます。この例文からは、全身性エリテマトーデスが、免疫機構に影響する数ある病気の一つであることが明確に分かります。

定冠詞(「the」)にも、基本のルールが二つあります。

  • ・話題の対象が既出である場合や、特定の何かである場合には、「the」を使用します。例えば、「Let’s read the book」では特定の本が話題になっているのに対し、「Let’s read a book」では、一般論としての本(特定の本ではない)が話題になっています。
  • ・話題の対象が唯一無二の存在である場合にも、「the」を使用します。例を挙げると、「The President of the United States arrived at the conference.」といった文で定冠詞が使用されます。

可算名詞と不可算名詞を正確に分別できないと、冠詞の理解も不正確になりがちです。「患者」、「個人」、「年」といった名詞は数えられるので、可算名詞です。不可算名詞の例としては、抽象的な概念(愛、健康など)、液体(水、油など)、性質(耐性、緊張など)が挙げられます。論文などを執筆する際は、上述のルールに加え、名詞が可算名詞か不可算名詞かを考える必要もあります。

  • ・不可算名詞に「a」や「an」は使用できないので、「the」を使うか、冠詞を一切使用しない、という選択になります。話題の対象が不可算名詞かつ特定の何かである場合には、「the」を使用します。話題の対象が不特定の不可算名詞である場合は、冠詞を一切使用しません。
  • ・可算名詞は、上記よりやや複雑です。可算名詞に属し、限定的でない単一の対象を指す場合には、「a」や「an」を使用します。例を挙げると、「A virus could have adversely affected this experiment.」といった文で「a」が使用されます。ある名詞に属する対象全てを指す場合は、その名詞には冠詞を付けず、複数形にします。例を挙げると、「Scientists have been researching this issue for decades without success.」といった文で、可算名詞が複数形で使用されます。最後のポイントとして、あるグループ全体を指す際に可算名詞を用いる場合には「the」を使用する、ということを付け加えておきます。例えば、「The elephant is a large mammal.」という文では「the」を使用します。
バックナンバー 2022
バックナンバー 2021
バックナンバー 2020
バックナンバー 2019
バックナンバー 2018
バックナンバー 2017
バックナンバー 2016
校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200