バックナンバー

コラム本文

AI in Medicine(2024.05)

2023.05.24 Editor W. M.

Artificial intelligence (AI) is rapidly transforming the world of medicine, holding immense potential to revolutionize everything from disease diagnosis and treatment planning to drug discovery and scientific breakthroughs. By analyzing vast amounts of medical data and identifying complex patterns, AI is becoming a powerful tool for healthcare professionals, offering them crucial insights and aiding them in providing better patient outcomes.

AI holds great promise for addressing some key healthcare disparities. For example, many developing countries cannot afford state of the art DNA or RNA sequencing platforms that are required to match cancer patients to optimal treatments. However, images of cancer biopsies can be obtained by staining samples with low-cost reagents. Using many thousands of these images, the hope is that AI algorithms can be trained to identify the features of samples that are associated with specific DNA mutations. Clinicians in developing countries can then match these DNA mutations to specific cancer drugs to customize therapy for individual patients. At the recent American Association for Cancer Research annual meeting in San Diego, AI was prominently featured in many sessions. Translational researchers told us how they are using AI to integrate multiple types of ‘omic’ and clinical data to identify biomarkers that can predict which patients will respond to different drugs. Clinician-scientists explained that AI algorithms can be trained to make diagnoses, or predict treatment outcomes, from ‘looking’ at MRI scans. Companies showcased their generative AI platforms that are capable of generating novel compounds that may one day be advanced into clinical trials. Unlike the temporary darkness during the solar eclipse at the conference, the future looks very bright for AI applications in medicine!

                             日本語訳は次へ↓

医療におけるAI

人工知能(AI)は医療の世界を急速に変えつつあり、病気の診断や治療計画から創薬や科学の飛躍的進歩に至るまで、あらゆるものに革命をもたらす計り知れない可能性を秘めている。膨大な量の医療データを分析し、複雑なパターンを特定することで、AIは医療専門家にとって強力なツールとなりつつある。

AIは、いくつかの重要な医療格差に対処する上で大きな可能性を秘めている。例えば、多くの発展途上国では、がん患者を最適な治療法に適合させるために必要な最先端のDNAまたはRNAシーケンス・プラットフォームを導入する余裕がない。しかし、がん生検の画像は、サンプルを低コストの試薬で染色することで得ることができる。このような画像を何千枚も使用して、特定のDNA変異に関連するサンプルの特徴を特定するためにAIアルゴリズムを訓練できることが期待されている。そうすれば、発展途上国の臨床医は、これらのDNA変異を特定の抗がん剤と照合し、個々の患者に合わせた治療を行うことができる。

サンディエゴで最近開催された米国癌学会年次総会では、多くのセッションでAIが大きく取り上げられた。トランスレーショナル・リサーチの研究者たちは、AIを使って複数の種類の「オーミック」データと臨床データを統合し、どの患者が異なる薬剤に反応するかを予測できるバイオマーカーを同定していると語った。臨床医科学者は、AIアルゴリズムを訓練することで、MRIスキャンを「見て」診断したり、治療結果を予測したりすることができると説明した。企業は、いつか臨床試験に進む可能性のある新規化合物を生成することができる生成的AIプラットフォームを展示した。学会での日食中の一時的な暗闇とは異なり、医療におけるAI応用の未来は非常に明るいようだ!

お問合せ・お見積り・ご発注