校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム

2018.05.01 Editor: J.E.

Misconceptions in self plagiarism

Plagiarism, in its most basic terms, is taking someone else’s ideas or text and using them as your own. With this concept in mind, you might think that re-using your own text in your next publication is OK. Wrong. This “recycling” constitutes self-plagiarism and is a serious, yet poorly understood issue.

During the publication process, the academic journal will typically require you to sign a “copyright transfer agreement”. This is a legal document that essentially hands over your work to the publisher so that they become the owners of your publication. This grants the publisher permission to copy, display and distribute your work whilst you remain the “intellectual owner” of the data and are legally protected from issues such as plagiarism and duplicate publication. However, it does mean that if you take text from your previously published article, you are essentially plagiarising from yourself.

Self plagiarism is most common in the materials and methods sections. Many techniques and protocols do not change in their procedure, and so it is tempting to re-use your previous text in your latest work. This type of self plagiarism is easy to fix and is unlikely to cause much concern with your journal editor. Referring to your previous article and including the appropriate citation will usually suffice. Instances of self-plagiarism outside of the materials and methods, however, may cause your editor to question the novelty of your work or whether it is just a minor extension or modification to a previous project.

If you find that you are taking text or ideas from your previous work, you may want to consider whether you have really formed a new argument or if you are trying to publish too quickly. You should always aim to present your study in a novel way and give the appropriate credit to your previous articles.

自己剽窃に対する誤った認識

剽窃とは基本的には誰か他の人のアイデアや文章を自分のものとして拝借することである。この認識からあなたは自分が書いた文章を次の発表に再び使うことは大丈夫だろうと思うかもしれない。答えは「否」である。この「リサイクル」は自己剽窃となり、深刻でありながら未だ理解の浅い問題である。

出版を進めるにあたり、一般的に学術誌はあなたに「著作権譲渡契約書」への署名を求めるだろう。これはあなたの論文の著作権を発行者に完全に譲渡するという法的文書である。これにより学術誌側があなたの発行物の所有者ということになる。これは発行者にあなたの研究成果の複製、展示、配布する許可を与えることになる一方で、あなたはデータの「知的財産の所有者」として遇され、剽窃や重複出版などの問題から法的に守られることになる。一方でこれはもしあなたが以前に出版発表した自分の論文の文章をそのまま使ってしまったらすなわちそれは自身への剽窃を意味する。

自己剽窃は「材料と方法」のセクションで最も多く見られる。研究のテクニックやプロトコールは手順が変わらないことが多いので、以前の自分の文章をそのまま最新の論文に使ってしまいたくなる。このようなタイプの自己剽窃は正すことが簡単で、学術誌編集者にとっての懸念はさほど大きなレベルのものではない。自身の以前の論文を適切に引用することにより通常ことは足りる。しかし、それが材料と方法以外の場合、あなたの研究の新規性に対する疑念、または以前の研究のわずかなつけ足し、もしくは修正に過ぎないのではないかといった印象を編集者に与えかねない。

もしあなたが自分の以前の論文から文章やアイデアを拝借しようとしていることに気づいたのなら、新しい議論をしようとしているのか、急いで論文発表をしようとしているのか今一度考えて欲しい。常に新しい手法で自分の研究を発表し、それと同時に自分の以前の論文に相応の敬意を払うべきである。

校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200