フルチェンジリライト

フルチェンジリライトとは(旧ウルトラリライト)

ネイティブ英語に大転換する校閲・校正サービス

フルチェンジリライト

ネイティブ英語と同等な英文に仕上げます。文法・語彙選択・論文内容の校閲にとどまらず、原文のスタイルや構成等を根本的に書き換えるリライトを行い、必要に応じて、ロジカル展開や文脈も大幅に書き換えます。

NAIのフルチェンジリライト ネイティブ英語に大転換する校閲サービス

NAIフルチェンジリライトの特長

1.“校閲”とは全く違う“リライト”

原文の英文スタイルや文章構成を尊重した校閲から、英文スタイルや文脈にまで踏み込んだ大幅かつ大胆なリライトを行うことで、「本物のネイティブ英文」に近づけることができます。お客様の原稿内の情報をもとに、ネイティブの研究者である校閲者がリライトを行うことで、英語論文として、更に明瞭な流れの論文となります。

2.細かいヒアリングでお客様の理想のスタイルに

お客様の理想の英文スタイルに最大限に近づけるために、専用のフォームを使用し細かいご要望をお聞きします。また少しでも不明点があった場合は社内コーディネーターが十分なヒアリングを行います。(基本的なサービスの流れはプレミアム校閲と同じです。)

〔専用フォームに含まれる項目〕

  • 受動態/能動態
  • 一人称代名詞
  • 英国/米国スペル
  • 変更の度合い

3.初回手配日より3カ月間何度でも校閲者とのやり取りが可能に

初回手配日より3カ月間、何度でも校閲者とやり取りを行うことが可能です。校閲者によって大きく書き換えられた文章の方向性や理解等が、お客様の意図したものとずれが生じていないかご確認いただき、ご満足いたただくまで校閲者とのやり取りを行えます。

4.対応校閲者はNAIの校閲者の中でも厳選された者だけ

フルチェンジリライトは、お客様の論文内の情報を元にリライトを行うため、とても配慮が必要となる作業です。そのため、NAIの校閲者の中でも、厳選された校閲者のみの対応となります。自身も論文執筆や査読者としての経験が豊富で、かつNAIの校閲者として多くのお客様の論文を校閲してきた者の中から、コーディネーターが適性を見極め、手配いたします。

簡単な作業の流れ

プレミアム校閲の簡単な作業の流れ

フルチェンジリライトの必要性・その背景

どんなに経験豊富な校閲者が校閲をしても「日本人特有の癖や英文スタイル」を完全に矯正することはできない場合があります。

例えば、論文校閲会社の英文校閲は受けたそれなりに満足する内容の校閲だったインパクトファクターの高いジャーナルに投稿したレビュー以前に英語自体に問題があると言われた
こういった経験をされた方もいるのではないでしょうか。

事実、自信をもって担当させた校閲者による校閲論文においても、こういった事態が生じたこともありました。この様な難易度の高いリバイスの必要性が生じた場合、エヌ・エイ・アイは「何度も」「何度でも」ご納得いただける結果と方向性が見いだせるまで、お客様のご要望やレビュアー(査読者)のリクエスト事項に対し真摯に向き合い、再投稿やリバイスへの挑戦をサポートさせていただいてきました。

しかし、時には限界を感じたこともありました。
わたしたち日本人にとって、その文化的背景も生い立ちも全く異なる英語という言語で、欧米の超一流の科学者としのぎを削るのは至難の技です。英語で説得したり、英語でロジックを展開し第三者に明確に理解できる文章を構築する実践的能力という点で、明らかにハンデを背負っています。こうした場合に「ネイティブ英語に完全に書き直し」の必要性が生じてくるのです。

エヌ・エイ・アイのサービス「フルチェンジリライト」では、ほぼネイティブの英語と同等な英文に仕上げるため、文法・語彙選択・論文内容の校閲にとどまらず、原文のスタイルや構成等を根本的に書き換えるリライトを行います。

フルチェンジリライト トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

初回割引または無料トライアルから!

はじめてのお客様は初回割引または無料トライアルのサービス

お電話でのお問い合わせはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200