校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム(2021)

2021.03.09 Editor: K. K.

Experience with remote classes during COVID-19.

Greetings. I have been an NAI editor for the past 20 years. My specialties are the editing of chemistry publications and the recording of presentations for scientists to practice their English pronunciation and timing.

For my first decade with NAI, I was a part-time college professor and tutor, but now I am a tenured full-time college faculty member. To say that the events of 2020 were unique would be an understatement.

Because I was the only member of my department to teach any classes online prior to March 2020, I provided a lot of technical support to my colleagues and helped our information technology department train faculty to quickly move their courses online. I was able to provide existing lecture videos, PowerPoint files, and other supplementary learning materials for more than two thirds of the classes we offer for my colleagues to use with their students during the rapid transition to online learning. As the Chairperson of my college’s eLearning Committee for 5 years, I reminded my colleagues (in and beyond my department), as well as the administrators of the college, that we were providing emergency distance education, not purposefully-designed online courses. Unfortunately, at my school and elsewhere, class sizes were maintained or increased versus the in-person size for the subsequent summer, fall, and this spring semester, and the faculty courseload was held constant while fundamentally all courses remained remote. It is well known that online course sizes and the number of online hours a faculty member teaches should be limited in order to ensure course quality. I published some of this information in a special issue of the Journal of Chemical Education.

While we have just begun to resume some in-person laboratory courses and research, until recently, all in-person research at our institution was put on hold. While my current research is strictly pedagogical, my colleagues involved in laboratory chemical research either had to devise literature or theoretical projects for their students, or suspend their programs. For faculty in the midst of the tenure and promotion process, this was yet another stressor added in the midst of the pandemic. (At my university, faculty have been allowed an extension on the review process at their request.) Finally, my campus is located in Queens, New York City, which for quite some time was the epicenter of the pandemic. The actions and inaction of our federal government was fodder for news outlets around the world, unfortunately. Our already underserved students were especially hard hit, and taking this into account (while at the same time dealing with distressing academic integrity issues) was quite challenging.

We are hopeful that we will have more in-person laboratory courses taught on campus in the fall semester, as there is no substitute for the psychomotor learning that comes from actually being in the lab. Current plans, which rely on vaccine distribution and testing statistics, are for us to have students return to some of our upper-level labs on alternate weeks to maintain only 50% occupancy in the labs. Lectures will remain online. We also hope that faculty who are willing and able to return to campus can resume their research programs. More than anything else, we hope for some semblance of a return to normalcy, and I’m sure that desire is shared by everyone.

コロナ禍でリモート授業を実施して

こんにちは。私は現在までの20年間、NAIの校正者として仕事を頂いてきました。化学関連の出版物の編集や、研究者の皆様が英語の発音やタイミングを練習するためのプレゼンの吹き込みを専門としています。

NAIからお仕事を頂くようになってから最初の10年は、パートタイムの大学教授兼指導教員として勤務していましたが、現在はフルタイムのスタッフとして大学に勤務しています。私は、2020年に起こった出来事は「特別だった」の一言では言い尽くせないと感じています。

というのも、2020年3月より前の時点でオンラインの授業を行ったのは、私が所属する学部では私だけだったため、さまざまな技術上のサポートを同僚に提供し、教員・研究員を指導して授業を迅速にオンライン化できるようIT部門も支援することとなったからです。オンライン学習へ急きょ移行する中、大学で実施している授業の3分の2を超える分について、自分が既に持っていた講義の録画やパワーポイントのファイルに加え、補助的な教材も提供し、同僚が学生と活用できるようにすることができました。私は大学でEラーニング委員会の会長を5年務めていたこともあり、(学部内外の)同僚や学内の事務職員に向けて、私たちは事前に準備したオンラインコースではなく、緊急事態に対応するためのリモート学習を提供しているのだということを呼びかけました。残念ながら、私の研究科や他の学部などでは、その後の夏、秋、そして春学期で、通常の対面学習に比べてクラスの人数を維持もしくは増やすことになった上、授業が実質リモートで行われている中、以前と変わらない学習量が課されることとなりました。オンラインで授業を実施する場合は、内容の質を維持するため、学生の人数やオンラインの授業時間を制限すべきである、ということが広く知られています。私はこの情報を、ジャーナル・オブ・ケミカルエデュケーション(Journal of Chemical Education)の特別号で出版しました。

大学ではこのほど、対面式の実験授業や研究を一部再開し始めたところですが、私の職場では、完全な対面式の研究は最近まですべて保留となっていました。現在私が取り組んでいる研究は非常に教育的な内容であることから、ラボでの化学研究に関わっている同僚達は、学生のために文献や理論に基づくプロジェクトを工夫して活用するか、プログラムを一時停止しなくてはならない状況に直面しました。教員・研究員らにとっては、フルタイム勤務への昇進を左右する人事考課が行われていた最中であったこともあり、コロナ禍でのこの状況はさらなるストレス要因となりました。(私の勤務する大学では、教員・研究員は申請を提出して人事考課プロセスを延長することが認められています。)最後になりますが、私のキャンパスはニューヨークのクイーンズ地区にあります。この地区はコロナ禍でかなりの期間にわたり感染の中心地となりました。米国連邦政府が各種対策を実施したり、しなかったりするたびに、世界中でニュースとなり騒がれたことは残念に感じています。私の大学で学ぶ学生は元々不利な境遇にあった上、今回は特に打撃を受けましたが、この事実を(悩みの種である学問上の倫理問題に同時に対応しつつ)考慮するのは非常に大変なことでした。

研究室に来て実際に手を動かす学習に替えられるものはないので、秋学期にはキャンパスで対面式の実験授業をさらに実施することを私の大学は目指しています。大学では今のところ、ワクチンの普及と検査の統計に頼る状況ではありますが、上階の実験室の一部に週替わりで学生を戻し、実験室の収容人数を50%に抑える計画を立てています。講義は引き続きオンラインで実施します。また、キャンパスに戻ることを希望し、実際に戻ることができるスタッフが、研究プログラムを再開することが期待されています。何よりも、私たちは今まで通りの日常に戻れる兆しが見えてくることを待ち望んでいます。これは誰しもが思っていることでしょう。

2021.02.03 Editor: F.J.

Verb Tense in English Scientific Writing

As an NAI Editor for the past 20 years, I have encountered many instances of verb tense errors in manuscripts written by scientists whose native language is not English. While these errors may not seem critical, they can introduce imprecise interpretations of the author's intent by the readers.

The proper use of verb tense in English scientific writing is critical to convey detailed information in a clear and organized fashion. Verb tense varies between standard scientific manuscript sections as the methods were used and the results were obtained, but the results are interpreted.

In the methods section, the author describes procedures and reagents that were used to obtain the results (e.g., "We used the following primers...").

Similarly, in the Results section, the author describes the outcomes of those experiments that were performed (e.g., "PCR analysis showed that...").

In both of these sections, the author is dealing with events that were performed in the past and that have been completed.

In contrast, the Discussion section outlines interpretations and conclusions that result from the experiments.

The interpretation and conclusions are written in the present tense because they continue to be valid regardless of time (e.g., "Our results suggest...." rather than "Our results suggested...").

While verb tense in the English language can become complex with its different forms (i.e., Future Perfect, etc.), the basic pattern observed in the scientific literature, as described, above can help organize all types of scientific manuscripts from reviews to original reports.

The American Medical Association Manual of Style (11th Edition) provides a concise explanation of verb tense and its usage.

英語の学術論文で使用する動詞の時制

NAI校正者としての過去20年間、英語を母国語としない研究者が執筆した論文の原稿に、動詞の時制が正しく使用されていないケースを多数目にしました。動詞の時制に誤りがあっても重大な問題とはならない、と考えられるかもしれませんが、時制が正しく用いられていないと、論文の読者は筆者が意図した内容と異なる解釈をしてしまう恐れがあります。

英語の学術論文では、詳細な情報を明確に分かりやすく伝える上で、動詞の時制を適切に用いることが非常に重要です。一般的な構成の学術論文では、各章で異なる動詞の時制を用います。

つまり、「使用した」研究方法と「得られた」結果を述べる一方で、結果を「解釈する」という流れになります。

Methodsでは、筆者が結果を得るために使用した手順と試薬について説明します(例:"We used the following primers..."「...では、以下に挙げるプライマーを使用した」)。

同様に、Resultsでは、筆者が実施した実験の結果を説明します(例:"PCR analysis showed that..."「PCR分析では...ということが明らかになった」)。

MethodsとResultsでは、筆者が過去に実施し、完了した内容について触れます。

一方、Discussionでは、実験から導かれる解釈と結論をまとめます。解釈と結論は、時間が経過しても内容の妥当性は変わらないため、現在形で記述します(例:"Our results suggest...."「本研究の結果からは...ということが示唆された」ではなく、"Our results suggested..."「本研究の結果からは...ということが示唆される」と記述する)。

英語の動詞の時制は表現次第で複雑になりますが(未来完了形など)、上述したように、学術文献で用いる基本的なパターンを身に着けると、レビュー論文から原著論文まであらゆる種類の原稿をまとめる際に役に立つかもしれません。

『American Medical Association Manual of Style(第11版)』に、動詞の時制と用法が簡潔に説明されています。

2021年新春

2021.01.04

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

昨年は、未曾有の新型コロナウイルス感染症拡大により、誰もが困難に直面した一年であったかと存じます。現在も収束の兆しは見えない中ではございますが、くれぐれもご自愛いただき、皆様にとって希望に満ちた年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

エヌ・エイ・アイ株式会社は、本年も、常に皆様のニーズに耳を傾け、更なる品質の向上に努めて参りますので、変わらぬお引立てを賜りますようお願い申し上げます。

2021年1月4日
エヌ・エイ・アイ株式会社
代表取締役 伊藤秀司

校閲者・コーディネーターの月替わりのコラム(2021) トップ
ご依頼はこちら

最短1時間でお見積り!

お見積り・正式発注はこちら
はじめてのお客様はじめてのお客様

10%オフまたは無料トライアルから!

はじめてのお客様 10%オフまたは無料トライアル

お電話でのお問合せはこちら営業時間.平日 9:30~18:00

Tel.045-290-7200