バックナンバー

当年の月ごとコラム

コラム本文

Coexistence of Artificial intelligence (AI) with academia: a perspective(2024.01)

2023.01.09 Editor W. M.

AI is not a new concept, with the field in academia perhaps originally starting in the mid-1950s. In the decades since, however, AI has moved from the confines of universities and research institutes to the mainstream, and permeates all areas of society. Cycles of groundbreaking research and massive technological evolution have begun to blur the lines between human and machine intelligence.  On the one hand, the possibilities for AI to improve many facets of our work and social lives are endless. On the other, AI taps into an age-old human condition: the fear of things that are unknown, or seemingly outside our control. In this column series, we highlight how AI is being used in the academic field, and discuss some of the key issues that researchers—and the wider public—face as we learn to coexist with AI. Before we begin, a question for the readership: how do you know a human has written this introduction?

                              日本語訳は次へ↓

学術界における人工知能との共存と今後の展望

「人工知能(AI)」という概念が世の中に登場したのは何年も前のことで、学術界では1950年代半ばから取り上げられてきたのではないでしょうか。しかし、学術界で注目を浴び始めてからの数十年間で、AIは大学や研究機関という閉ざされた環境だけでなく、人々の生活のあらゆる場面に取り入れられるようになりました。画期的な研究や目覚ましい技術改革を経た今、人間と機械の知能の境界線は曖昧になり始めています。確かに、AIは仕事の効率や日常生活の利便性を高めるうえで、無限の可能性を秘めています。その一方で、AIは未知の存在であり、制御不能にも見えることから、人間が本能的に恐怖を抱く対象でもあります。今回のコラムシリーズでは、学術界におけるAI活用の現状を紹介しながら、AIとの共存を目指すにあたり、研究者だけでなく一般市民も直面している主な課題を論じます。では、本題に入る前に質問です。「この序章を書いたのは人間だとどうしてわかるのですか?」